創業から半世紀、ここからが本当の成長期

オリジン東秀 代表取締役社長 前原 正憲

代表取締役社長前原 正憲

背水の陣ではじめた
オリジンスタイル

オリジン弁当の前身であるファミリー弁当という弁当屋で、私は大学生時代にアルバイトをしていました。当時は中華業態のレストランと弁当屋11店舗しかない小さな会社でした。卒業間近に創業者である安澤英雄から「社員にならないか」と誘われて1984年に入社しました。当時周りからは「大学を出て弁当屋か」と揶揄されました(笑)。その当時、コンビニエンスストアが台頭しており、近くにコンビニが出店した店舗は売上が大幅ダウン。閉店を余儀なくされた店も出ており、もはや今までと同じことをしていては立ち行かないという状況でした。そこで、様々なデリカテッセンを参考に、惣菜を並べて量り売りするというアイデアを思いつきました。コンビニでは絶対にできないモデルであり、差別化も図れると考えたのです。
当時私が担当していた店舗をそのスタイルに転換しました。少しでも綺麗に見えるよう照明も自分たちで購入して設置したのを覚えています。当初は商品数も少なく、期待と不安の中でのオープンでした。しかし、転換したことで近隣の会社で働く女性が多数来店するようになりました。店内は女性であふれ、それまでの倍以上の売上げになったのです。この成功で「いける」と確信した私たちはこのスタイルで出店をすすめました。ここから「オリジン弁当」の躍進が始まったのです。

2004年をピークに
右肩上がりの売上が止まった

オリジン弁当が24時間営業を始めたのは、コンビニエンスストアと同じ土俵で戦うためです。営業(店舗)の最前線にいた私は、当社を中食(テイクアウト) のリーディングカンパニーに成長させるべく働きました。コンビニの真横に店を作る戦略で、2004年まで売上は右肩上がり。目標としていた1,000店舗達成も夢ではないと思っていました。
ところが、2005年あたりから売上がダウン。大手を含む小売業や外食企業がオリジンスタイルを真似てテイクアウトメニューに注力したため、そのあおりを食ったのです。再び多くの閉店を余儀なくされました。2006年にイオングループの一員となり、グループのスーパー内でオリジンの惣菜を販売するなど、新 たな事業がスタートしましたが、私たちには路面店で勝負したいという自負がありました。それまで路面店を何百店舗も運営してきたのです。ビジネスモデルを探し出すのは容易なことではありませんが、「必ずヒットする業態はある」と信じて、トライ・アンド・エラーを繰り返していました。私が社長に就任したのは、そのまっただ中。2012年のことです。
ただちに取りかかったのは、本部と営業本部の一体化でした。かねがね本部と営業のセクションの壁を取り払いたいと思っていました。私は店に出てお客さまの声を聞くことがよくありますが、お客さまから見れば私は社長ではなく従業員の一人です。アルバイト、パートさんと一緒だと思っているからなんでも話してくれるのです。売上が伸びない、利益が上がらないのは営業の力不足かというと、それだけではありません。他の部署にも知恵を絞ってもらい強力にバックアップする体制が必要と考えました。思惑どおり、本部が営業のために力を尽くす風土に変わっていくとうまく回り始めました。

オリジン東秀 代表取締役社長 前原 正憲

外食をモデルチェンジし、新たな時代へ

オリジンの運命を変えるアイデアも生まれました。2014年からオリジン弁当を、イートインスペースを備えた「キッチンオリジン」に転換していくと、翌年の営業成績がV字回復しました。ここが仕掛け時と直感し、2017年3月に外食のモデルチェンジをしはじめました。半世紀以上の歴史をもつラーメン・餃子が看板の「中華東秀」に変わる新ブランドとして、食事もお酒も楽しめる居心地の良い「れんげ食堂 Toshu」をスタートさせたのです。ネーミングには中華料理に欠かせないれんげから広がる幸せな食事や楽しいひと時を、老若男女を問わず幅広い方々に提供したいという思いが込められています。
そのため、細かいところまで心を配ることができる女性の視点を取り入れようと、初めて新卒の女性社員を配置しました。今後も女性のアイデアや考えを積極的に取り入れて、お客さまのライフスタイルに欠かせない店に育てていきたいと考えています。そして中華東秀を「れんげ」に、新店も「れんげ」に、というコンセプトで「れんげ食堂 Toshu」を広げていきます。「中華東秀」の1号店、烏山南口店から始めたことが私たちの決意の表れです。

これまでの50年を土台に、
これからの50年を築いていく

私たちは、50年あまりの月日をかけて築いてきた信頼を武器に、「中食」「外食」という2本柱をより強固なものにすることで明るい未来を築こうと燃えています。そこで店舗で直に受け取ったお客さまの声やニーズにスピード感をもって対応できる「自社開発」の強化を図っています。850の販売拠点で提供する商品を自社工場で製造するために、上野原工場に続き2018年3月に第2工場を完成させました。自社工場なので商品開発に関わるスタッフとの連携がスムーズで、お客さまの声を反映した商品開発が可能です。新しい商品もここで生まれています。すでに自社農場も持っており、「自社栽培」「自社生産」の商品を提供することで、さらなる安全・安心を図っていきたいと考えています。
これからもオリジンブランドを人々の暮らしになくてはならないものに育てていくには、本部だけでなく工場でも商品開発や生産管理、品質管理などで力を振るう人材が必要です。農場も同様です。いずれは研究所をつくり、科学的な根拠をもとに開発していくことも求められるでしょう。仕入れについては海外にもネットワークを広げています。成長し続けるためには新業態の開発にも常に取り組んでいかなければなりません。さまざまな分野で興味をもって働ける人、スペシャリストとして活躍できる人と手を携え、知恵を絞ってブランドを育てていけたら、こんなに幸せなことはないと思っています。

オリジン東秀 代表取締役社長 前原 正憲