“食”を通して社会貢献したい
その思いを
自分らしく実現できる

地区長

大同祥太朗

2013年入社(新卒入社)/
文系大学人文学部社会メディア学科

    • 座右の銘
    • 楽しいかどうかではなく楽しむかどうか
    • 自分自慢
    • 店の切り盛り
    • 休日の過ごし方
    • 妻と自宅でのんびり

入社の決め手は
「おもしろそうな会社だな」
と思ったから

私が育った京都にはオリジンの店舗がありません。“食”を通して社会貢献したいという思いがあり、飲食業界に絞って就職先を探していた時にオリジンを知りました。料理が趣味で、接客だけでなく調理も経験できるところで働きたいと思っていたので、店内調理したものを販売しているオリジンに興味を持ったのです。説明会や面接を通して、惣菜店を直営でチェーン展開しているという事におもしろみを感じ入社を決めました。
世の中には仕事に追われて自炊できないという人も多いと思います。私も中食(テイクアウト)に助けられて育ってきたので、栄養バランスのいい、できたての惣菜やお弁当があればそれだけでホッとします。食を通して社会貢献したいと思っていた私にとっては、願ってもない会社と巡り会えたという思いでした。

自分が率先して動き、
信頼を得る

最初の1年は緊張の連続でした。オペレーションを覚えなければいけません。「何事も楽しむ」というのが私のポリシーなので仕事を楽しんではいましたが、余裕が出てきたのは2年目になってからです。オリジンでは毎月、新商品が出ます。季節ごとにも商品が変わります。1年のサイクルがわかると先が見えるようになって、自分のやれることが増えていきました。次第に社員がやるべきシフト管理や発注作業なども任されるようになり、働きがいを感じるようになりました。
この頃の私は、人手が足りない時は自分が入店すればいいと考えていました。忙しくても、効率を考えスピード感をもって対応できたからです。指示するだけでなく自分が率先して動くことで信頼を得られ、店のチームワークもよくなっていきました。隣のドラッグストアが閉店すると、ついで買いのお客さまが多かったのか、お客さまが離れてしまったことがありましたが、その時も「今日はこれを重点的に売っていこう」「新商品で1位を取ろう」など、日々目標を掲げて自分から動くとスタッフさんが応えてくれて、売上を向上させることができました。

マネージメントの
難しさを痛感

3年目に店長になりました。遅い方だと思いますが、その間にいろいろな経験をさせてもらったので、それが力になりました。苦労したのはシフト管理と人材育成です。たくさん仕事をしたい人もいれば、そうではない人もいます。学生はいずれ店を離れるので、先のことも考えながら人を補充していかなければなりません。採用が難しい地区だったので思いどおりにサイクルが回らなかったり、研修を入れたくても手一杯で思うようにいかないこともありましたが、経験豊富なアルバイトスタッフに「Aくんがここまでできるようになったから、新しいことを教えてあげて」と協力してもらうなど、スタッフに助けられながら乗り越えました。
チームワークづくりにはコミュニケーションが欠かせません。忙しい時に指示をすると語気が強く聞こえるのか、「言われなくてもわかっている」というような空気になることがあるので、できるだけにこやかに、場を和ませるような言葉かけを心がけました。店の人が働きやすい環境を作ることが社員の役目だということです。

自分の興味や得意を
生かして山を登る

店長になって1年後には地区長になりました。複数の店舗を担当する地区長に求められるのは、なるべく自分が入店せずに担当するお店の売上向上に貢献することです。それまで自分が動けばなんとかなると思ってやってきた私にとって、これは1つの試練でした。採用に力を入れましたが、この人ならと思って採用しても、うまくいかず悩んだ時期もありました。しかし、人は時間をかけて教育することでいつかお店を助ける存在になってくれることを知り、店長時代にも増して人を育てることの大切さを痛感しています。現在は人柄がよく意欲があればともかく採用して育てるという考えに変わりました。
“食”を通して社会貢献するという入社した時の志を、自分らしく実現するために、これからも成長していきたいと思っています。